夏場の育毛と育毛剤

夏の育毛で一番気をつけなくてはいけないのが紫外線です。
女性の場合は顔・腕等の紫外線ケアをしている方は多いでしょう。

しかし、紫外線ケアは顔や腕だけではありません。
頭皮もしっかり紫外線から守ってあげましょう!

実は頭皮も紫外線のダメージを受けてしまうんですよ。
ダメージを受けることによって頭皮が乾燥してしまいます。

また、抜け毛も増えてしまうんですね。
特に、薄毛の方の場合は紫外線のダメージを受けやすいとも言われています。

対策としては、日傘を使用するのが良いでしょう。
帽子でも良いですが、汗をかいてムレてしまうと頭皮の環境が悪くなりやすいので日傘がおすすめです。

日傘でしたら、顔や腕も紫外線から守れるので便利ですし、日焼け止めだけよりも心強いですね。

また、育毛剤を使って頭皮の環境を整えてあげると良いでしょう。
夏は汗をかきやすいので、洗髪後に髪の毛を乾かしても汗がでてきて育毛剤が流れてしまうので使用が億劫になってストップしてしまう人がいるのも事実です。

しかし、頭皮や髪の毛へのダメージが多い夏こそ育毛剤を使用して頭皮環境を整え、髪の毛に栄養を与えることが大切なんですよ。

育毛剤選びの前に

自分で育毛剤を選んで購入したのはいいが、効果が全くないのは悲しいお話です。
しかし、実際そういった思いをしている方も多いんです。
育毛剤選びで失敗をしないためにも、選ぶ前に自分の頭皮の状態や髪の毛の状態をしっかりと把握しておくことは地味ながらもとても重要なことなんですよ。

例えば、女性が髪の毛が細くなることが原因の薄毛で悩んでいる場合。
男性ホルモンを抑制する成分を含んだものを使用してもあまり効果は望めません。

薄毛の原因が男性ホルモンによるものではないからです。
多くの育毛剤は血行促進成分が必ずと言っていいほど含まれているので、全く効果がないとは言い切れませんが、あえて男性ホルモン抑制成分を含んだものを使用するメリットはありませんよね。

一方、薄毛の原因が抜け毛の方で頭皮が乾燥傾向にあるかたは保湿成分が含まれたものを選ぶといいですし、皮脂の過剰分泌が見られる方は皮脂抑制成分が含まれているものを選ぶのが良いでしょう。

また、洗髪も非常に重要です。
頭皮の汚れをしっかり落として初めて育毛剤が効果を発揮できる状態になるんですよ。
育毛剤選びと同時に日々のシャンプーも見直してみることも大切ですね。

男女兼用の育毛剤

最近では、男女兼用の育毛剤も多数販売されています。

男女兼用の育毛剤は性別を気にせずに使用できるというのが嬉しい点ですよね。

男性用の育毛剤を女性が使うとなると、男性ホルモン抑制成分が含まれているものも多く、飲むタイプのものですと女性の服用が禁止になっているものもあるので難しいのです。
服用タイプでなくともフィナステリド等の成分は女性の体に悪影響を及ぼしてしまいますので使用は避ける必要があります。

逆に、女性用の育毛剤を男性が使うと皮脂分泌が過剰になったりと、育毛を阻害してしまうような効果も出やすいようです。

男性用だから男性、女性用だから女性に効果が絶対あるわけではないようです。
女性でも女性用よりも男女兼用のものが効果が出やすい人もいます。
結局のところはその方の薄毛の原因のタイプによると考えられますね。

男女兼用というのは、性別気にせず使えるという程度で考えておき、商品の特性を知った上で自分の薄毛の原因と照らし合わせて育毛剤を選ぶのが一番良いでしょう。

育毛剤とシャンプー

育毛には育毛剤だけではなくシャンプーも非常に重要です。
なぜならば、頭皮の汚れはちゃんと取り除いておかないと育毛剤の効果が減ってしまうからなんですね。

市販されているシャンプーには大きく分けて3つの種類があります。
・高級アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系

これらの種類には特徴があります。
高級アルコール系は安価でドラッグストアでも特売に並んでいたりするタイプのものですね。
洗浄力は強いのですが頭皮への刺激も強いのが特徴です。

石鹸系は洗浄力は強めですが、頭皮への刺激は弱めです。
しかし、すすぎをよく行わないとシャンプーが残りやすいのが難点です。

アミノ酸系は三つの中でも一番刺激が弱いものです。
洗浄力も弱くなりますが、相当酷い脂性頭皮の方でなければ十分余分な皮脂も除去できますよ。

育毛には「頭皮にやさしい」というものが一つのポイントです。
なので正直、育毛には高級アルコール系はお勧めできません。
なるべく刺激が弱く、自分の頭皮の状態にあったシャンプーを使うことで育毛剤もより効果的に使用することができるでしょう。

育毛剤の保湿成分

育毛剤は頭皮の環境を整える役割というのがあります。
頭皮の環境を整えることにより、乱れていた髪の毛のサイクルを正常な状態に戻すんですね。

育毛剤に含まれる保湿成分は、血行促進成分などに比べるとメインとなる成分ではありませんが、大切な成分なんですよ。
保湿成分が含まれている育毛剤は女性用の育毛剤に多い傾向にありますね。

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみが生じますし、菌に感染しやすくなってしまいます。
またこれらの皮膚トラブルにより抜け毛や薄毛が起こるともされているんですね。

保湿成分は商品によって使われている成分にばらつきがあります。
植物や海藻由来のエキスを配合しているものは多いですね。

またその中でも、柑橘系のエキスを複数種類配合しているものもありますね。

もともと頭皮が乾燥する傾向にある方は、保湿成分に着目して育毛剤を選ぶというのもひとつの方法でしょう。
乾燥がひどいという方は、保湿成分が一つだけのものよりも、複数配合されているものを選ぶと良いかもしれませんね。

重複した育毛剤の使い方

薄毛を早く改善したいがために育毛剤の重複の使用は大丈夫なのかと考えていませんか?

確かに色々な効果があるほうが早く改善されるように感じるのかもしれませんが、中には重複して使ってはいけないものもあります。

基本的には重複しても大丈夫なのですが、育毛剤の外に【ほかの育毛剤と併用しないでください】と書かれているものもありますから、そう言う注意書きもしっかりと見てから使うようにしてください。
他には併用をしないように書いていないものでも、血行促進する育毛剤であれば同じような効果が期待できるものは使用しない方がいいかもしれません。

その理由として、成分がきつくなってしまい、肌のトラブルを起こす可能性があるからなのです。

せっかくの育毛剤が肌トラブルを起こしてしまっては意味がありませんから、違う効果のものを重複するようにしましょう。
また、生薬が含まれている育毛剤は何と併用しても大丈夫と思われがちですが単品で使うようにしましょう。

栄養補給する育毛剤

育毛剤には栄養補給がたくさん入っているものがあります。
マッサージや血行促進も育毛には大切なことになりますが、頭皮に栄養を与えてあげることも大切になります。

食生活の改善ができない場合に栄養補給のものを使うといいのです。
例えばダイエット中なんかはどうしても食事制限をしている方もいるのでそのときには頭皮に栄養が行かない場合があります。

そんなときこそ栄養補給ができる育毛剤を使うことによってより効果が得られる可能性があります。

栄養には、髪の毛を作る成分に必要なアミノ酸系やビタミンが豊富に含まれています。

アミノ酸やビタミンは体にとってものすごく必要な成分になり、薄毛だけに限らずキレイなお肌や健康にも必要なものになります。
できるだけ食事から得られるのが理想ですが、取り入れられないものは外から補うことでバランスがとれるようになるのです。

栄養補給の育毛剤は栄養が十分にとれていると思っている方でも使ってみると案外効果を発揮してくれる可能性があるのです。

飲む育毛剤

育毛剤は頭皮に直接塗りこむものと思われていますが、飲む育毛剤があるのはご存知でしょうか?飲む育毛剤と聞くと大丈夫なのか、本当に育毛の効果があるのかなどが心配になってきますよね。
塗る育毛剤と同様で、すぐには効果がありませんが、続けることによって育毛の期待ができます。

ほとんどの方は20代から少しずつ薄毛になっていくのですが、気がついたときにはすでに頭皮が見えているくらい薄毛が進んでいると言う方が多くいます。
ですから、できるだけ早めの予防が大切になってきます。

飲む育毛剤は脱毛してしまうのを送らせてくれる働きがあるので、少し薄くなってきたなと感じたらすぐにでも使ってみると数年後の違いがあらわれます。

塗りこむ育毛剤と違って飲む方でしたら周りを気にしないで使うことができます。
個人差がありますが、だいたいは3ヶ月くらいから効果が出てくるので、気になりだしたら飲む育毛剤も使ってみるといいかもしれませんね。

育毛シャンプーで抜け毛を防止しよう

育毛剤と聞くと直接頭皮に付けるというイメージがあるかもしれませんが、今ではシャンプーしながら育毛できるものがあるので、毎日のシャンプーを変えるだけで育毛効果が期待できるものがあるのです。

多くの方は毎日シャンプーして汚れを落としていますよね。
そのときに育毛剤が含まれているものがあると手間もかからず、頭皮に栄養を与えることができます。

しかも、シャンプー代も含まれているので、お金もさほどかからなくなっています。

育毛の基本は頭皮をキレイに保ち、汚れを残さず、脂を落としすぎずが理想になります。
洗いすぎてしまうと頭皮が乾燥し、必要な脂分まで取っていってしまうのです。

ですから、育毛剤が含まれているシャンプーは必要な脂分を残しつつ洗ってくれるので頭皮は乾燥せずにすむのです。

中には育毛シャンプーが合わず、直接頭皮につける方がいいという方もいますので、どちらにしても自分にあった方を選ぶようにするといいですね。